本文へスキップ

木工用爪付ナット/鬼目ナットも、ポリカ、レニーなどの樹脂ネジなどはこちらで紹介しています→Click

リコイルとは 〜リコイルタップ〜 RECOIL THREAD TAP

損傷しためねじを復活させる!
めねじを補強する!

◆リコイルインサート
◆リコイル効果
◆リコイルタップ
◆テクニカルガイド

リコイルタップ

リコイルタップは通常のタップとは異なりスクリュースレッドインサート(STI)専用です。
ピッチは通常タップと同じですがタップ外径はインサート用に大きく造られています。
高速度鋼(HSSあるいはHSS−E)で精密に製造されており、先タップ、中タップ、上げタップがあります。

ハンドタップとは別に量産用にマシンタップ(スパイラル、ポイント)もあります。
またスパークプラグ用にはリコイル独特のドリル不要のパイロットタップもあります。
リコイルインサートは正しく造られたタップ孔に装着した時に、挿入されるボルトに対して適切なめねじの公差をもたらします。

注:タップ孔のサイズはドリルサイズ、母材の材質、潤滑油等によって変わってくる為、正確な公差が要求される場合は前もってテストすることをお勧めします。

・タップの種類と適用

リコイルタップの最もよく使われるタイプを代表的な用途と共に示します。
先タップ・中タップ・上げタップはハンドタップでスパイラル、ポイントはマシンタップです。

■ パイロットタップ

リコイル専用パイロットタップを使ったドレンホール修理

パイロットタップはスクリュースレッドインサート(STI)にのみ存在します。
細い部分が元ネジと噛み合い、拡張部分を経てリコイル用のタップを形成します。
損傷しためねじを修理する際に、ドリルを使用する事なくオーバーサイズのタップを立てる為に開発されました。
このタップは損傷したねじ山をガイドとして下穴に対して垂直にオーバーサイズのタップを立てる事ができます。
主にスパークプラグの修理に用います。
※拡張後のタップを通す必要があるため、止まり穴には使用出来ません。

■ 先タップ(1番タップ)

タップいろいろ比較写真

先タップは精密なタップ孔が要求される時の導入用として、あるいは難しい下穴に対して使用します。
8山のリードがあります。

■ 中タップ(2番タップ)

タップ解説・一般的な#2タップ

中タップは最も一般的に使用するタップで主に通り穴に使用します。
4山のリードがあります。

■ 上げタップ(3番タップ)

タップ解説コーナー!止まり穴には…

上げタップは止り穴の底近くまでタップを立てる際に使用します。
2山のリードがあり通常先タップあるいは中タップの後に使用します。

■ スパイラルタップ

インサートナットの挿入には各指定のタップをお使い下さい。

スパイラルタップは止り穴、特に銅・マグネシウム・アルミなど柔かい材質で長いキリコが出る様な母材にお勧めします。

■ ポイントタップ

タップいろいろポイントタップ

ポイントタップは通り穴への使用にお勧めします。
このタップは先端のリードでキリコの逃げ道をつくります。


ねじの種類
タップと精度規格について解説
■ ユニファイ
ユニファイねじの2Bと3Bでは最小有効径は同じですが、最大有効径は2Bのほうが大きくなっています。
ユニファイねじ用リコイルタップは3Bの公差で製造しています。


■ ミリ
ミリねじでは5Hと4H5Hの最小有効径は同じですが、最大有効径は5Hのほうが大きくなっています。
ミリねじ用リコイルタップは4H5Hの公差で製造しています。


リコイルとは利バナースペース

プラグホールの補修にはリコイル!正規品は正規代理店で!
樹脂部品ねじ込み部補強にはリコイル!信頼性抜群!